FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW 第2話 Wの検索 / 街を泣かせるもの

>耳の傷物語

やべぇ物凄く嬉しい。むしろ痛い。
そうだよそれだよそういうツッコミだよ割とうまく纏まってたろ昨日のうわー。
というのも、なんかこれかき初めて、欲しいところに、
的確に望んだ欲しいツッコミをもらった気がする。
今までも色んなとこに、縦読みとか斜め読みとか掛け言葉とか馬鹿なこととか、
何度となく仕組んだけど、誰のツッコミも無かったからなぁ…。
大したこと書いてないけど触れてすらくれなかったからな!コメントついてたのもあったから、
見てる人がいなかった訳じゃないんだろうなぁ…。
「何いってんのお前…」、くらいはツッコミが欲しいところだった…。

そうか。
多分俺には心の底に変態に思われたいという欲求がある。
何いってんのお前…、みたいな。独り相撲は淋しいじゃないか。
いやしかし、往々にしてツッコミってボケよりセンスいるよね。
でも私はお笑いは反吐が出るほど大嫌いなんですけども。
違うな、お笑いと言うよりは今時の芸人が嫌い。笑点とかは好き。
というか、大阪弁が嫌い。大阪が嫌い。ヘロヘロ喋ってんじゃないよしゃっきりしろよやんねん言うとるなよニポン語バカにすんなや。
…すいません、素が出ました。馬鹿に見えるっ!グフッ!
一つ言っておきますが、嫌いってののニュアンスは、女が嫌いとか、
人が嫌いとかと同じで須く全てを含みませんよ。誤解の無きよう。

話がそれた。それまくりだよ。
つまり、一言でいうとツッコミ不足というか、暇すぎてだんだん人としての道をずれたというか。
せっかく仕込んでも自分で説明するのは淋しすぎるというか。

だからもうあれはいいツッコミ。最高。





さあ!いつも通り仮面ライダーの話をしようか!

どうやら毎回二話完結方式でいくらしい。望ましい限りだ。
アバンタイトルでは、事件の相関図を映し簡単に復習。
なんと真面目にドラマを演じてる。このまま番組改変がなければ…。

そして前回の続きから。突如襲ってきたT-レックスドーパント。
体断裂キックを喰らいメモリブレイクされた前回の犯人をくわえ、地中に逃げ帰る。
翌日になり、ニュースによるとどうやら犯人は死亡して見つかったよう。
前回書かなかったが、依頼人は主人公の幼なじみでした。
一応探偵なので依頼で犯人を追い、突き止めた上での相手の暴走が、
相手のドーパント化というのがパターンなんだろうな。
そういえばドーパントはドーピングするもの、かららしいですね。
前回のは戯れ言と相成りました。くそう。

ところで前回ガイアメモリ破壊の際、
「どうする翔太郎?」
「もちろん、メモリブレイクだ」
という会話がありましたが、これはメモリブレイクするかしないかを
聞いたのか、それともメモリブレイクいがいの選択肢があったのか。
まぁおそらく前者でしょうが、観てれば追々分かるでしょう。

そして。なすび演じる情報屋ウォッチャマンに事件の情報を探るよう依頼。
その後、前回のドーパントの起こした最初の事件現場へと来た翔太郎。
現場の一室に入ったとき、再度T-レックスドーパントが襲いかかる。
やっぱりシュール過ぎるだろあのデザイン…。頭だけリアルって。
ともあれ探偵ツールで一時をしのぎ(玩具促販ともいう)、ある情報を得て撤退。

駐輪場でウォッチャマンと再開し、犯人がガイアメモリのバイヤーから
メモリを得た際、隣にもう一人メモリを受け取った奴がいるとのこと。
つまり前回のT-レックスによる誘拐はどうやら口封じらしい。
ここで翔太郎は犯人に気付いたよう。こういうのって視聴者にはバレバレですが。

相方フィリップに情報を伝え、犯人の照合。やはり犯人は依頼人の幼なじみでした。
公園で追いつめたところでドーパント化。頭レックスだが、
砲吼だけで周りを吹き飛ばすまさかの強さ。そして戦闘パートへ。
頭レックスは瓦礫を体に貼り付け、普通の恐竜体型に。それで頭か。
今回はバイクが昭和とかクウガ並に活躍、嬉しい限りだぞ。
玩具的にも今後も割と乗ってくれそうかなぁ。
ま、規定通り必殺技で倒し、END。

次回予告見る限りいきなり跳ばしてんなぁ。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。